外資系企業の長所、短所を理解しよう!

 外資系企業は、日本企業と比べると、入社後に経歴や学歴、性別、年齢などによる差別を感じることがなく、社歴に関係なく実績で昇給や昇格できるという長所があります。
 実力主義で自分の力を試したいと考えている方が、外資系企業への転職を考えるのは自然なことです。
 ですが、個人主義の外資系企業では目標達成しなければ減給や解雇もありえますし、業績が好調でも日本市場から撤退することもあります。
 こうした、長所・短所を理解したうえで、自分の性格に合っているか否かも含めて、検討してみるのが基本です。

 

外資系企業に転職するために、できる準備はすべて整えておきましょう。

 

ここがポイント!
  ・TOEICスコアを790点以上にしておく。
  ・やりたい仕事を明確にする。
  ・転職に必要な経験を積んでおく。
  ・業績を上げ、利益も伴っている企業を探す。
  ・会社規模の小さなところからスタートする。

 

 外資系企業の応募条件を見ると、TOEICスコアは790点が平均になっています。ここに到達することが、外資系企業に応募する最低条件と考えましょう。 また、外資系企業といっても、仕事内容はさまざまです。金融やアパレルなど、自分の進みたい業界をや職種を明確にすることが基本です。

 

さらに外資系企業は、業界や職種を限定して経験者を求人するケースが多いです。希望の職種に就くためには、日本で同じ経験を積んでおく方が有利でしょう。そして、生活の安定のためには、利益を出している企業に転職する方が無難です。企業の業績は、事前にリサーチしておきましょう。

 

最後に、外資系企業での職歴がない場合、いきなり大手を狙うより、規模の小さなグローバル企業を狙う方が、競争率が低く、幅広い経験ができるので、将来の転職に有利になる傾向があります。選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 

外資系企業への転職はプロを活用!

 

外資系企業への転職をするなら、人材紹介会社など、プロの手を借りるのが一番です。 自分ではリサーチしにくい企業情報も豊富ですし、英文レジュメや英語での面接など、必要なノウハウも提供してくれます。 複数の人材紹介会社に登録して、たくさんの求人をチェックし、最適なものを探しましょう!

 

 

 

【関連ページ】 
事務の正社員を目指す
紹介予定派遣、資格取得、あなたの事務正社員への道を探して行きましょう。

 

都道府県労働局

 

おすすめ転職関連情報
転職サイトや転職エージェントの賢い使い方、あります。

 

ニートからの就職
ニートの就職を応援する

 

http://xn--301-x83bt42nxmajdw63r.net/top
30代の仕事探しに重要なポイントとは?

 

 

 


更新履歴